小児歯科

強い歯を作る為には、お子さんの時から歯のケアが重要です。お子さんは成長するにつれて、歯が生え、抜き変わり、顎の成長に合わせて歯並びも変化していきます。お子さんの間は、親御さんの歯に対するケアもとても大切になります。食事間隔においても、ついつい甘い物やジュースを良く摂取する環境においては、歯磨きと歯の検診をし、むし歯にならない予防をしていきましょう。
お子さんの歯の事で気になる事、ブラッシングの仕方など、どんな些細な事でもお気軽にご相談ください。

 

こんな方はご利用ください。

  仕上げ磨きしてるけど、ちゃんと磨けているのか不安

  歯ブラシを噛んでしまって、ちゃんと歯を磨かせてくれない

  親知らずが生えてきて、磨きにくい

  虫歯がないか、一度見てほしい

  歯並びが気になる

 

小児歯科について

子どもの虫歯治療

むし歯になってしまった場合は、極力削らないように治療を行うようにしています。そこから、むし歯にならないように、どう予防していくかが大事になりますのできちんとした、食生活習慣と適切な口腔衛生習慣をつける必要があります。お子さんのお口の状態に合わせて、ご家庭でも出来るむし歯予防と、当医院で行うむし歯予防で、お子さんのお口のサポートが出来ればと考えております。

 

ブラッシング指導

大人の方でも、ブラッシングがちゃんと出来ていない方は多くいらっしゃいます。
歯とブラシの当て方をしっかりと身につけて頂き、ご家庭でもむし歯予防ができるようにブラッシング指導にも力を入れております。

 

歯の生えはじめ、噛み合わせ

お子さんの顎は大きくなるにつれて変化していきますので、当然、口腔環境も変わってきます。歯の生え始め、歯の入れ替わりで噛み合わせも変わってきますのでしっかりとものを噛める口腔環境が必要になってきます。しっかり噛む事は、むし歯予防・発声・姿勢や呼吸・感覚・歯の怪我・など多岐にわたり、重要な事なのです。健康な成長発育にも繋がってきますので常日頃から、お子さんの口腔状況を見てあげましょう。噛み合わせについて、専門医と連携しておりますのでご相談ください。

 

フッ素塗布

むし歯になりにくい環境を作るのも、定期的なお口のケアが必要です。フッ素塗布をする事により、酸に溶けにくい強い歯質が出来ます。効果は永久的ではありませんので、3ヶ月に一回は、定期的に歯の検診とフッ素塗布を行いましょう。常日頃の予防として、むし歯になりにくい口腔環境を作る必要があります。

 

お気軽にお問い合わせください。0885-33-2530受付時間 9:00-18:30 [ 木・日・祝日除く ]

ネット予約はこちら