スタンダードプリコーションに基づいた感染対策や衛生管理を行っています。

感染対策の取組み

お越しいただいた患者さまの院内感染へのリスクをできる限り除去するために「スタンダードプリコーション(標準感染予防策)」の実施、つまりすべての人が感染する可能性があると考えて、入念に感染予防や衛生管理に取り組んでおります。

ウイルスや細菌は目に見えません。したがって、どの人が「感染している」「感染していない」ということは誰にも分からないのです。
スタンダードプリコーションに取り組むうえで大切なのは「感染している人」「感染していない人」を分類するのではなく、「すべての人が感染している可能性がある」という前提をもって、洗浄・消毒・乾燥・滅菌という衛生管理の工程に臨むことです。
患者さまの目に触れにくく、なかなか伝わりにくい部分ではありますが、手を抜いてはならない部分です。このような方法が当クリニックだけでなく、日本の消毒・滅菌システムの基本として広がっていくことを願っています。

 

院内感染について

消毒・殺菌・滅菌それぞれの違いはご存知でしょうか。
消毒とは細菌の活動を弱らせ、感染を予防できる程度まで数を減らすことです。
殺菌とは特定の細菌を死滅させることで、すべての菌が除去されていることではありません。
滅菌とはすべての菌を死滅させ除去することを示します。

近年、歯科治療の器具の消毒や滅菌が十分に行われていないことによる院内感染が指摘されています。
歯科医院で使用する機器の中で、患者さまのお口に触れるものには唾液や血液が付着するものです。唾液や血液にはさまざまな細菌やウイルスが潜んでおり、院内感染のリスクが高いとされているため、器具の消毒・滅菌がとても重要なのです。

すべての医師が患者さまの感染症情報を知っているわけではありませんし、患者さまがご自身の感染症情報を把握しているとも限りません。当クリニックは「スタンダードプリコーション」の理念に基づきすべての人が感染の可能性を保有していると考え、その感染の原因を取り払うためにすべての人を対象に感染予防を図ります。

 

スタンダードプリコーションを実践するために

一言でスタンダードプリコーションと表現しても洗浄・消毒・滅菌とさまざまな工程が必要となるため、それぞれ専用の機器を使用しなければなりません。

 

・器具の洗浄、滅菌
超音波洗浄器で大まかな汚れを落とし、高圧熱水洗浄・消毒装置「ミーレジェットウォッシャー」の毎分400リットルの強力なジェット水流と93℃の高温で洗浄・消毒・乾燥を行います。そして、あらゆる種類や形状の器具を130℃の高温で滅菌する「クラスBオートクレーブリサ」を利用することで、より入念な滅菌処理が可能となります。

ミーレジェットウォッシャー

クラスBオートクレーブリサ

 

・ユニット給水
近年、給水チューブを経由したバイオフィルム汚染に注目が集まっています。本来であれば水道水は塩素による殺菌能力を保持しているのですが、歯科医院が機能していない間に給水チューブ内の残留塩素濃度が低下し、細菌が急速に増殖することでバイオフィルムが形成されると考えられます。
当クリニックでは、中性電解水生成装置「ポセイドン」を設置しております。水道水に潜む細菌やウイルスを電気分解で殺菌し、給水チューブ内の除菌機能を維持することで、より衛生的に院内の給水環境を保つことができます。

中性電解水生成装置「ポセイドン」

 

・口腔外バキューム
歯科の治療では、必ずといっていいほど水を使用します。その際、水しぶきや削り取った歯の欠片など、目に見えないほど小さな飛散物が発生するのです。
多くの飛散物は口腔内で使用するバキュームで吸引しているのですが、一部は空気中に飛び散ってしまうことがあります。そこで歯科用吸引装置「口腔外バキューム アルテオF」を導入し、空気中の飛散物を吸引することで診察室の空気をクリーンに維持できるよう努めております。

口腔外バキューム

 

・空気清浄機
院内には治療中に発生する物質や、外部から出入りする方が院内に持ち込む有害物質など、目に見えないものが浮遊しています。医療専用空気浄化機「メディカルライトエアー」を設置することで、院内の空気をクリーンな状態で保持しております。ウイルス除去に着目した浄化システムを利用し、院内の患者さまだけでなく、医師やスタッフも気兼ねなく過ごせるよう配慮しました。また、歯科医院特有のにおいもできる限り抑え、歯科医院が苦手な方にも気楽に通院していただくことが可能です。

メディカルライトエアー

 

消毒・滅菌の流れについて

 

①洗浄
超音波洗浄でおおよその汚れを落とした後、高圧熱水洗浄装置「ミーレジェットウォッシャー」と使い、強い水圧でたんぱく質の汚れを落とします。体液や血液などの有機物が残った状態で滅菌を行ってしまうと、たんぱく質が変質したり汚れがこびり付いてしまい、滅菌の作用が低下し十分に処理されないため、滅菌前には入念な洗浄が欠かせません。

 

②消毒
「ミーレジェットウォッシャー」は洗浄だけでなく消毒装置としても機能します。
通常の低温洗浄に加えて、水温を93℃まで上昇させ高温で5分間の消毒処理を行います。低温では生き残ってしまう可能性があるウイルスや細菌を高温洗浄によって死滅させ、熱に強い菌も消毒することができるのです。

 

③乾燥
菌は湿度が高ければ高いほど急速に増殖します。それまで洗浄や消毒を入念に行っていても、器具に水滴が残っているとそこから菌が繁殖し、滅菌不良の原因となってしまいます。
ここでも「ミーレジェットウォッシャー」が役立ちます。高圧熱水洗浄・消毒に加え、ドライプラス(内蔵ドライヤーによる強制乾燥機能)や、エコドライ(余熱乾燥機能)による入念な乾燥を行うことで、水分による菌の増殖を予防することができます。
ミーレジェットウォッシャーの機能にはさまざまなものがありますが、当クリニックでは1台で洗浄・消毒・乾燥を行うことのできるものを導入しております。

 

④滅菌
すべての菌を死滅・除去する滅菌処理が最後の工程です。
世界水準の中でもトップクラスの滅菌器「クラスB オートクレーブ リサ」を使用しております。クラスN・クラスS・クラスBと3つのクラスに分類されている中でも、ヨーロッパの基準で認定されたクラスBのオートクレーブ(滅菌器)で、130℃の高温により、あらゆる形状の器具も高水準の滅菌処理を可能にしております。クラスBの滅菌器でのみ、包装された滅菌パックの中で器具の滅菌処理を行うことができます。このような工程を経て十分に滅菌処理された器具は、パックがきちんと閉じられている状態で保管されております。

 

その他 院内環境について

治療で使用するものの中には、洗浄や滅菌に不向きな製品もあります。
エプロンや紙コップ、グローブ、注射針はディスポーザブル(使い捨て)の製品を使用することで、毎回新品のものをご使用いただいております。

 

患者さまに快適に過ごしていただきたいと思い、院内にはさまざまな工夫を施しております。
20台分の駐車スペースをご用意した駐車場から診療室に至るまでバリアフリー環境を整備、患者さま専用の車いすもご用意いたしました。診療室はゆったりとしたスペースを確保しており、ガラス張りの開放感のある空間で治療を受けていただくことが可能です。
待合室と治療室共に冬季は身体に優しい床暖房を導入しております。男女別のお手洗いは温水シャワー付きの洋式仕様で、こちらも車いす対応となっております。

 

ルール化した衛生管理システムによるクリーンな治療環境と、快適に過ごしていただくための設備をご用意しております。
落ち着いて治療を受けていただくために努めておりますので、気になることがございましたら遠慮なくお聞かせください。

 

お気軽にお問い合わせください。0885-33-2530受付時間 9:00-18:30 [ 木・日・祝日除く ]

ネット予約はこちら