とっても重要な歯 6歳臼歯

噛む力が最も強く、歯を食いしばるうえで1番重要な歯は、6歳臼歯(第一大臼歯)です。ところがこの歯は、1番虫歯になりやすい歯でもあります。噛み合わせ面が複雑な形をしていて、しかも生え始めからすっかり生えるまでに長い時間がかかるためです。生えたばかりの歯のエナメル質は虫歯菌の出す酸に弱く、噛み合わせ面には深い溝があります。硬いエナメル質が育つ前に虫歯になってしまいます。
虫歯のリスクから守るために、複雑な深い溝を埋めてしまうシーラント(予防填塞)というのがあります。歯を削る事なく行える処置なので、早めの検診など受けて診てもらいましょう。

坂田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です