歯周病が進行しやすい人

歯周病は日々の生活習慣と大きく関係しているため、生活習慣病の1つと考えられています。

生活習慣病は、生活習慣を改善することで予防が期待できます。

 

🟢歯磨きが不十分な人

🟢タバコを吸う人

🟢糖尿病の人

🟢口呼吸をする習慣のある人

🟢歯の被せ物があってない人

🟢噛み合わせが悪い人

🟢食いしばり、歯ぎしりをする人

🟢ストレスの多い人

🟢睡眠不足で休養が取れていない人    など

歯周病は通常15〜30年ほどかけてゆっくり進行しますが、2〜10年ほどで急速に進行するタイプが

あります。これを侵襲性歯周炎といい、特殊な歯周病菌によって引きおこされます。

患者数は多くありませんが、10代後半から20代で発症し急に悪化しやすいのが特徴です。

若い人でも歯茎に炎症や出血がある場合は、早めに歯科を受診したり定期的な検診をおすすめします。

坂田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です