レントゲン撮影について

皆様こんにちは😀

年末に近づきもうすっかり忘年会シーズンですね🍻

今回は歯医者さんで撮影する機会の多いレントゲンについてお話します🐾🐕

レントゲン撮影ではパノラマとデンタルという大小2種類のものを撮影することが多いです👀

大きいサイズのパノラマは上下の歯全体が撮影でき、大まかな歯の状態や顎骨内部の病気の有無を確認できます。

小さいサイズのデンタルは3、4歯を撮影対象とし、お口の中を見ただけでは発見困難な虫歯や治療過程の確認など、より詳細な情報を得ることができます。

そして当医院では必要に応じて歯科用3DCT撮影を行っています。

CTは3次元的にお口の中を診ることができ、2次元の画像で情報が足りない場合も歯根位置・角度・顎関節分析ができ、根っこの病気も正確に診断可能です✨✨

山本歯科クリニックでは正確な診断のもと治療を行っていきます🌼😌

また、撮影の放射線量につきましても微量であると報告がなされています。安心してご利用ください🙂

🐯わきの🐯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です